JESD 日本うつ病就労移行支援協会

心身に不安があるが就職・リワークに一歩をふみ出したい・心配で仕方がないという方は
就労移行支援事業所・就労継続支援A型事業所、JESD(ジェスド)日本うつ病就労移行支援協会へご相談ください |
うつ病(鬱病)・発達障害(学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群)・
統合失調症をお持ちの方に就職・就労・リワークのご支援をいたします。週1回からでも利用可能です。

2018-07-19

「個別支援計画」?誰の為?それは〇〇の為!!

こんにちは!!

JESD蒲田の松本です!!

 

 

ムシムシムシムシ暑いですねぇ( ;∀;)

溶けそうです・・・(T_T)

そんな暑い中、小学生の時からやっている

バレーボールを毎週やっています!!(笑)

中学高校もそこそこレベルのあった学校でしたので、

青春は全てバレーボールに持っていかれました( ;∀;)

 

あ、偏差値ではないですよ。バレーのレベルです(・∀・;)

 

当時の友達はボールと床ですからね・・・

異性ではなく、ボールを毎日追っかけていました(笑)

 

腰骨に青あざを作りながら、滑り込みの練習もして、

全身で床を掃除していましたね(笑)

 

この時期は汗で、シャツがびしょびしょなので、滑ると滑った分だけ、

床が濡れるので、拭くのが大変なんですよね(・・;)

大学では、「滑らないで(笑)」と言われていたのを思い出しました。

スポーツでは滑っていいですが、会話の中でのスベリにはお気を付けて(笑)

 

 

最後まで雑談を聞いて下さってありがとうございます。

 

今回は、利用する時に必須の「個別支援計画」に関して

ブログを書いていきます!!

 

さらっと「個別支援計画」と、言いましたが、ご存知ですか?

 

( ゚Д゚)???

 

という方もいらして当然です!

福祉サービスを利用したことがない方は、知らないですよね。

 

知っている方も、どういう視点、考えで計画を立ているのかを説明していきます!!

 

個別支援計画がどのような流れで作成されているかは

個別支援計画書を見れば事業所の善し悪しが見えてくる?

をご覧ください(^^)♪♪

 

「サービス等利用計画」と「個別支援計画」って?

 

福祉サービスを利用する時に、必ず必要なのが、「サービス等利用計画」です。

 

例えば、「JESDを使いたい!」となった場合。

すぐには使えません(;;)

 

「サービス等利用計画」を立てなくては、利用の流れに進まないのです!!

それでは、この「サービス等利用計画」は何なのでしょうか・・・

 

下の図をご覧ください。Aさんの1日の様子です。

 

 

「サービス等利用計画」はその方の全体的な生活面で、困り事はないか

どんなサービスが必要かを改めて詳しく調べていきます。

なので、Aさんの1日全体を見て、計画を立てていきます。

様々なサービスを使って、Aさんがよりよい生活が送れるように、

Aさん全体の事を見ながら立てていきます。

 

 

一方で、「個別支援計画」は、

特定の1つのサービスになるので・・・

 

 

Aさんにとってよりよい支援になるよう、

就労移行支援にクローズアップして

Aさんの「個別の支援計画」を立てていきます。

 

皆さんはあまり意識してないかもしれませんが、

皆さんにも関わるとても大事なことなんです!!

 

それでは、私たちはどういう考えのもと、計画を立てているのでしょうか。

 

そもそも、個別支援は誰の為?

 

とても基本的なことかもしれませんが、これが1番大切な視点です。

「サービス等利用計画」「個別支援計画」

皆様、それぞれ個人の為の計画です。

AさんだったらAさんの

BさんだったらBさんの

CさんだったらCさんの 為の計画です。

 

先程ご紹介しました、ブログにも「情報収集」と

ありますが、その方のための計画を立てるには、

細かいところまで伺います。

 

それは、

 

自分の為の計画だからです。

 

だからこそ、私たちは丁寧に計画を立てなければなりません。

 

とても、基本的で当たり前のことですが、

これをサービス管理責任者になるための研修でも

言われるんです!!(先日、その研修に行ってきました。)

この「サービス管理責任者」は事業所に1人は必ず

いなければならないのです。責任者なので・・・

「サービス管理責任者」になる人でも、

再度、意識しなくてはならない大切な事なんです!!!!

 

なぜなら、サービスを利用するのは、ご本人であり、

私たちはサービスを「利用してもらう側」になるからです。

 

どういうことか・・・

 

計画の立て方によっては、その方を

「管理」「操作」「指導」する関わりにもなってしまうからです。

 

そうならないためにも、ご利用者のご自身の為

利用者の為に「個別支援計画」を立てなければなりません。

 

だから、

「個別支援計画書を見れば事業所の善し悪しが見えてくる?」

になってくるんですよ♪♪

 

難しい内容でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

皆さんも、福祉サービスを利用する際は、細かいところまで気にしてみてください!!

 

 

JESD蒲田

住所:〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目28−2 MCMビル4階

電話番号:03―5703―8333  (受付時間:平日10:00~18:00)

メールアドレス:kamata@jesd.jp

(受付は24時間。ただし返信が遅れることがございます。ご了承下さい。)

 

↓JESD蒲田への行き方は、下記ブログ記事をご参照ください!

JESD蒲田ってどこにあるの?JR蒲田駅・京急蒲田駅からの行き方