JESD 日本うつ病就労移行支援協会

心身に不安があるが就職・リワークに一歩をふみ出したい・心配で仕方がないという方は
就労移行支援事業所・就労継続支援A型事業所、JESD(ジェスド)日本うつ病就労移行支援協会へご相談ください |
うつ病(鬱病)・発達障害(学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群)・
統合失調症をお持ちの方に就職・就労・リワークのご支援をいたします。週1回からでも利用可能です。

2018-08-08

宅地建物取引士ってどんな資格??

こんにちは!JESD蒲田の支援員、藤本です。今回は資格のお話をしたいと思います!

 

「宅地建物取引士」ってご存知ですか?

 

不動産業界では持っていると引っ張りだこな資格が、国家資格の宅地建物取引士です。

 

3年ほど前までは「宅地建物取引主任者」通称「宅建」でした。

 

私、藤本が試験に合格したのは5年ほど前の「宅地建物取引主任者」時代だったので、半年ほど前にようやく「宅地建物取引士」通称「宅建士」に変わっていることに気が付きました。

 

士業の仲間入りを果たしたということのようです。

 

不動産業界では引っ張りだこってどういうこと?そしていったいどんな試験なのでしょうか?解説していきたいと思います!

 

宅地建物取引士がいなきゃ仕事にならない!?宅建士って何ができる資格なの?

 

不動産の業者が土地や建物を売ったり、貸したりといった取引をする際には、必ず「重要事項説明書」を作成し、取引の相手に説明しなければいけません

 

一般の取引では、建物や土地に関する知識は購入者より不動産業者の方が持っているものです。

 

これを放置すると、土地や建物といった大きな買い物の取引で、知識が無いのをいいことに、購入者に不利な条件で契約を交わす、なんていうことがあり得るのです。

 

そういったことがないように、必ず「重要事項説明書」を発行し、購入者に対してその内容を説明しなければいけません。

 

そして、その「重要事項説明書」を発行・説明できるのは「宅地建物取引士」の資格がなければできないのです。

 

つまり、土地や建物の取引をしたい不動産の業者には、「宅地建物取引士」が絶対に必要なのです!

 

 

更に、宅地建物取引業を営むには、宅建士を一定割合以上置く必要が!

 

不動産業の中でも、土地や建物の売買や賃貸を行ったり、その仲介を行ったりする業者を「宅地建物取引業」といいます。

 

不動産業者が取引をする場合に「宅地建物取引士」が必要、ということに加え、実は宅地建物取引業を行うには、専任の「宅地建物取引士」を事務所に置かなければいけない割合が法律で決まっているのです!

 

その人数は、「業務に従事する者5人に対し1人以上」です。

 

事務所に人を5人配置しようとすると、宅建士を持っている人はそのうち最低1人は必要です。

 

事務所に人を6人配置しようとすると、宅建士を持っている人はそのうち最低2人は必要です(6人中1人となると、5人に対し1人を満たさないので)。

 

なかなかの割合ですよね。それは、引っ張りだこにもなるというものです。

 

宅地建物取引士の資格を取るには、どんな勉強をするの?

 

宅建士の試験を実施している不動産適正取引推進機構のWebサイトには、試験の内容について、下記の通り記載されております。

 

1、土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。

2、土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。

3、土地及び建物についての法令上の制限に関すること。

4、宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。

5、宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。

6、宅地及び建物の価格の評定に関すること。

7、宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

 

具体的には、宅建業法・民法を中心に、借地借家法・建築基準法など、不動産の取引にかかわる法令の勉強が中心になります。

 

勉強は、独学・通信教育・予備校と3パターンあります。

 

私の場合、先に行政書士の試験の勉強をしていたため民法については知っていたこともあり、独学で取ることができました!

 

法令について知っている方は、独学の方が自分のペースで進められて良いかもしれません。

 

あとは、かけられる予算や時間に合わせて、どう勉強していくのかを考えると良いでしょう。

 

時間をかければ独学でも合格を目指せる試験だと、わたくし藤本は感じています。

 

試験の出題形式と、合格率は?何点取ったら合格できるの??

 

出題形式はマークシートで、4肢択一のみです。これだけ聞くと、国家資格、しかも士業の割にはハードルが低そうに感じますね。

 

ですが、近年の合格率は約15%に設定されているようです。

 

相対評価なので、合格に必要な点はその年によって変わりますが、ここ数年は35点が取れるかが目安のようです。

 

全部で50問のうち35問を正答=7割取れれば合格できる、といいますが、合格率15%はなかなかの低さです。

 

中にはかなり突っ込んだ内容の問題が出るので、知っている一部の方を除いて「捨て問にせざるを得ない」問題がいくつかあるため、そのような問題を除くと、基本的なことを聞かれた問題についてはほぼ正答しなければ合格点にたどり着けないというのが実態のようです。

 

なお、宅地建物取引業に従事している方は、講習を受けることで5問が免除されるというなんとも羨ましい制度があります!

 

取得後の働き方は?営業職だけでなく事務系スタッフもあります。

 

 

宅建士を取得したら、どのような働き方ができるでしょうか?

 

不動産屋というと、お客様と一緒に物件を見て回ったり、賃貸のオーナーを探したりといった営業職のイメージを持たれる方も多いと思いますが、普段は書類作成や経理などの事務系の仕事をしていて、説明の時のみお客様と接するというお仕事も多く見かけます。

 

なので、営業職はちょっとな…と思っている方も資格を生かして働くことが可能です!

 

ただし、資格を生かして不動産業に就職する以上、宅建士しかできない「重要事項説明書の発行・説明」という業務が入ってくることがほとんどだと思われます。

 

お客様を相手に、「重要事項説明書」に沿って契約の内容をお伝えする必要がありますので、あまり初対面の方とお話しするのが苦手な方には向かない資格かもしれません。

 

それが大丈夫だよ、という方で不動産業の事務系スタッフを希望される場合は、ExcelやWordの扱いが必要になってきますので、宅建士のほかMOSも併せて取得していると心強いですね。

 

以上、宅地建物取引士、通称「宅建士」についてお伝えしてみました!

 

いかがでしょうか。ちょっとハードルは高めの資格ではありますが、不動産業界に興味がある方には挑戦してほしい資格です。

 

JESDに通所しながら資格の勉強をしたいな…とお考えの方は、ぜひご相談ください。

 

個別のプログラムを作成し、進捗や達成度を管理することで、資格の取得に向けて支援いたします!

 

—–JESD蒲田—–

住所:〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目28−2 MCMビル4階

電話番号:03―5703―8333  (受付時間:平日10:00~18:00)

メールアドレス:kamata@jesd.jp

(受付は24時間。ただし返信が遅れることがございます。ご了承下さい。)

 

↓JESD蒲田への行き方は、下記ブログ記事をご参照ください!

JESD蒲田ってどこにあるの?JR蒲田駅・京急蒲田駅からの行き方