JESD 日本うつ病就労移行支援協会

心身に不安があるが就職・リワークに一歩をふみ出したい・心配で仕方がないという方は
就労移行支援事業所・就労継続支援A型事業所、JESD(ジェスド)日本うつ病就労移行支援協会へご相談ください |
うつ病(鬱病)・発達障害(学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群)・
統合失調症をお持ちの方に就職・就労・リワークのご支援をいたします。週1回からでも利用可能です。

2018-10-17

就労移行支援事業所必見!!!ワーキング・トライに学ぶ!精神科医療機関との連携とは?

 

どーもー 支援員手塚です!

 

ちょっと寒くなりましねー

 

いかがお過ごし?

 

・・・・(いろいろ入れてくんなまし)

 

えー       💦

 

ちょっとテンション下がってきたので・・・

 

いつものノリでまいりましょう💛💗!

 

なに、なに肩書がないって?

 

実をいいますと・・・・

 

今日は肩書がいりません ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

それは・・・・・

 

チョットいい研修を受けてまいりました!

ねえ ねえ 聞いて 聞いて~ 💘💘

 

その研修とは・・・・・

 

社会福祉法人JHC板橋会 障害者就業・生活支援センター

ワーキング・トライさんの主催で

 

なんと・・・

 

『就労支援機関と精神科医療機関とのよりよい連携を目指して』

                  ~ スキルアップ研修 ~

 

という研修を受けてきたんです!

 

これは、東京都福祉保健局の受託事業:精神障害者就労定着連携促進事業の一環としてワーキング・トライさんが実施している研修です!

 

ワーキング・トライって?

 

詳しくは、こちらをご覧くださいませませ!

 

ワーキング・トライの事業は社会福祉法人JHC板橋会がやっておられるんですね!

 

あのー 前にも出てます💦💦💦

 

ワーキング・トライさんのお陰で、研修を気持ち良く受講できました!

 

お菓子🍪とお茶☕・・・美味しかったです!💛💗💗

 

その他にも・・・

 

精神科医療の基礎知識のレクチャーと事例検討の実施!

 

そして・・・会場の設営や環境設定

 

大変お忙しかったと思います!  すごーい💗

 

ありがとうございました。と 閉めてはいけません!!!!!

 

連携って?

 

実をいいますと、私自身、社福や介福の資格を持っているため「連携」の文字にあまり違和感がありませんでした。なぜなら、医療・福祉に関する国家資格の勉強内容には必ず「連携」とう事項が含まれているからです。

 

となると・・・・

 

医療・福祉関係の国家資格を取得するということは「連携とはなんぞや」ということを理解しているのが当たり前となります! タッタタタタ・・・京急蒲田!

 

しかしながら・・・

これは、理論として根拠を学んでいるかという問題です!

 

連携を実践するには?

 

さて、医療機関と連携するにはどのようにしたら良いのでしょうか?

 

手塚がむか~し、体験したことをお伝えしましょう!

 

在宅のヘルパーをしていた頃、1人暮らしの高齢者のお宅を訪問していた時の話ですが、ご利用者がヘルパー訪問時に体調が悪くなられた場合は、ヘルパー同行で医療機関に駆け込む場合もありました。

 

また・・・・

 

自宅で終末期を迎えたいとのことで、亡くなる直前まで自宅におられるご利用者に関しては、容態が急変し、病院へ救急車で運ばれた時には、家族の同意もあり、私も病室まで伺いました。その時はヘルパー2級の資格しかなかったのですが、医師、ご家族から文句を言われることはありませんでした。その時に同行した介護福祉士(私の上司)がご家族に同意のもと、医師にヘルパーの日誌に書いた利用者情報を提供していました。その利用者は2日後に亡くなられました。

 

医療・福祉に関する資格をもっていると現場での医療機関との連携がスムーズにとれたりします!

 

精神科医療機関との連携は?

 

現在、精神科医療機関の現場の窓口では、医療ソーシャルワーカー(以下MSW)が活躍しています!

 

精神保健福祉士が頑張っておられます! キャー かっこいい!💛💗

 

ドクターがお忙しい時はどうしたら良いの💦? の不安は・・・・・・・

 

該当する医療機関にMSWがおられる場合は、その方に連絡するのが早いと思います!

 

他にも、相談している保健師さんを通すという方法もあります。

 

まだまだ、いろいろ方法はあります!専門職と連携することでスムーズにいきますよ!

 

 

主役は誰?

 

ここまできて、主役は誰か忘れていませんか?

 

そうそう!主役はご利用者様です! 👌👌👌

 

可能であれば、就労したいご利用者様に対応して頂くのがベスト!

 

患者さんのお話をしっかり聞いて下さる義務があるお医者様に直接お話ができれば、こんないいことはありません!

 

就労移行支援事業所としての新規のご挨拶も・・・・

 

お忙しいお医者様への配慮として、通院時に利用者の方に書面にしたものを持っていっていただくと良いですね!

でも・・・

 

書面のフォーマットは?

 

このあたりから・・・

 

相澤欽一先生(障害者職業総合センター)の出番になってきます!

 

精神科医療機関との連携について、ぜひ相澤先生のお話をで聴いて頂きたいと思います!

 

他にも、精神保健福祉士の早川 智先生、障害者就業・生活支援センターTALANTの野路和之先生の講義もあり、情報は満載でした!

 

今後の日程は以下の通りになっています!

 

 

私が参加させて頂いたのが、第1回でした。あと二回実施予定になっています。

 

就労関係のお仕事についている方々とのふれあいがあったり、先生方に質問したりと充実した時間を過ごせると思います。

 

なんと・・・参加費が無料です! これは行かなきゃ 損!

 

講師の皆様の講義もすばらしかったですが、何よりファイリングされている資料に驚きました!

 

さらに、パワーポイントが見やすいこと😲 素晴らしい💗💗💗

 

就労移行支援事業所の支援員にとって、必須事項の情報が満載!!!

 

ぜひ、参加されてはいかがでしょうか 📝📝

 

JESD蒲田にも、遊びに来てください!

 

お待ちしておりまーす!

 

あなたの     good friend 手塚より💗

 

—–JESD蒲田—–

住所:〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目28−2 MCMビル4階

電話番号:03―5703―8333  (受付時間:平日10:00~18:00)

メールアドレス:kamata@jesd.jp

(受付は24時間。ただし返信が遅れることがございます。ご了承下さい。)