JESD 日本うつ病就労移行支援協会

心身に不安があるが就職・リワークに一歩をふみ出したい・心配で仕方がないという方は
就労移行支援事業所・就労継続支援A型事業所、JESD(ジェスド)日本うつ病就労移行支援協会へご相談ください |
うつ病(鬱病)・発達障害(学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群)・
統合失調症をお持ちの方に就職・就労・リワークのご支援をいたします。週1回からでも利用可能です。

2018-08-06

研修なのに選ばれましたMVP!!でも何で?その秘密はここにあり!?

こんにちは!!JESD蒲田支援員の松本です。

 

もう8月ですね・・・

子どもたちは、夏休みですねぇ。

皆さんはどこかに行かれますか??

 

私は、花火大会には行きました。

それも自転車で地元を走り回り一番観えるところまで移動するかなりアグレッシブなものでした(笑)

電車だと遠回りだし、歩いていくには遠いし・・・

自転車なら、と言うと、友達が「ちょうどほしかったから自転車買う!」

と、自転車を購入後、花火大会に出発!!!!(笑)

汗だくになりながらも、満足できるところまで移動でき、

キレイな花火を見ることが出来ました。

花火を見ながらかき氷を食し、念願の夏らしいことができました(笑)

 

↓ ↓ ↓ 実際の写真がこちら ↓ ↓ ↓

花火ちっさ!!!!かき氷白!!!!

(かき氷の上、「P」の左の光が集まっているのがそうです。笑)

カルピス味が食べたかったんですよね・・・

そしたらこんな寂しい絵に・・・

 

皆さんも素敵な夏の思い出を作ってください(^^)♪♪

自転車で観に行くのも、小回りがきくので、興味のある方はお試しあれ~(笑)

 

 

さ~て、今回のブログはぁ~?(この言い方に気が付いてほしい!!笑)

以前、「思考力トレーニング」のブログを書かせて頂きました。

(詳細はこちら

これは、研修に行かせて頂いた時のブログなのですが、

実は、その研修はその時の「MVP」を決めてくれるんです! すごいですよね!!

蒲田のサービス管理責任者にも「MVP、とってこい!!!!」と、背中を押されて研修会場に向かいました。

 

わたくし松本は、意外と根は真面目なので、真面目に研修を受けていました。

「へぇ~、こんな風に使えるんだぁ・・・」という感じで受講していたのですが、

まさか、自分の手元に賞状が届くなんて・・・

なぜなら、とりわけ、グループワークを沢山したわけでもなく、

率先して意見を述べたというわけでもないので・・・(笑)

ですが、色々見られているんですね!!ありがたいです。

それがこちら!!!!

 

研修のMVPと言えど、賞状を頂けるのは、嬉しいですね♪♪

 

???

 

赤線が引いてありますね・・・

「講義中にもアイコンタクトが取れている」と、あります。

そんなところまで、見てくれているんですね!!

ですが、今回は研修です。日常のコミュニケーションとは違います。

それにも関わらず、アイコンタクトという「反応」を評価してくださいました。

やはり、普段の会話だけでなくても、「反応」をすることはとても大事なんですね!

 

「反応」することって何で大事なの?

アイコンタクトは、相手の目でなくても「相手の方を見る」「頷く」だけでも変わりますよね。

皆さんはされたことありますか??

3分間何も反応せずただ話を聞くのと、3分間反応して話を聞くことを。

これを試して頂けると、「反応」だけで話しての気持ちがよくわかります。

 

3分間何も反応せずに話を聞かれると、どんどん心が折れて話をする気にならなくなるんです。

一方で、3分間、反応をしてもらうだけで話をしようとするんです。

 

どうしてこんなに差が出るの??

何も反応をしないと、話をしている人は、話の内容が「つまらないのかな」

「退屈なのかな」といったマイナスの印象を抱きます。

ですが、

「頷き」や「アイコンタクト」をすると、話を聞いてくれているという

「安心感」「楽しく聞いてくれているみたい!」「同じ考えかもしれない!」「じゃ、これはどうだろう」

といったように、話を広げやすく、どんどん話をしようと話題を考えようとします。

 

「反応」だけで、話をする側の気持ちがこんなにも変わってしまうんです。

だから、どんな場面でも、どんな時でも「反応」をすることはとても大切なんですね!!!!

 

反応をすればいいんだ!! ・・・ 本当に?

例えば、ある会話を例に考えてみましょう。

「私ね、(うん)昨日ね(うん)買い物に行ったの(うんうん)お目当ての服が超安く買えたの~!!」

 

(うん)という「反応」のお陰で、一番言いたかったであろう、

お目当ての服が安く買えたことを引き出せていますね。

 

それでは、反応がない場合はどうでしょうか。

 

「私ね、(・・・)昨日ね(・・・)買い物に行ったんだけど・・・(・・・)私の話聞いてる?」

聞いているか、不安に思って相手に話を聞いているか確認してしまいました・・・

だから「反応」することは大切なんですね。

 

しかし・・・

この会話には落とし穴があるんです・・・((何だって(゚д゚)!!!!)

 

同じ会話で頷きをしていても、「アイコンタクト」が取れていない、

つまり、話をしている人を見ていないでただ「頷いている」と、

「私の話、聞いてる??」と、なってしまいます。

話を聞いている反応は示していても、相手を見ていないだけで

今度は、この話をしている時間が早くすぎないか早く終わってほしいと思っているんじゃないか自分に興味を示していないのかな、と思ってしまうんですね。

 

だから「頷き」だけでなく「アイコンタクト」の「反応」もとても大切なんです。

研修と言えど、アイコンタクトという「反応」が「評価」されるということは、それほど重要なことなんですね。

 

アイコンタクトが難しい場合は目を合わせなくても、まずは首元に視線を合わせてみませんか?

それすら難しい・・・という方、「反応」を示しましょう!!!

「頷き」だけでもいいと思います。だって、していないんだったら、している方がいいじゃないですか!!!!

相手の誤解を解くためにも、目を見るのが苦手だから、頷いた、と。

一言添えられたら、なおいいですね♪♪

気楽に、少しずつ進んでいきましょ(^^)♪♪

 

 

コミュニケーションに関係する記事はこちら

ビジネス講座「マナー総復習」仕事をする上で正しい身だしなみとは?

就職情報交換会「ビジネスマナー復習編」

チョット良いコミュニケーション

アサーション講座~自分の気持ちを柔らかく伝えよう!~

 

—–JESD蒲田—–

住所:〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目28−2 MCMビル4階

電話番号:03―5703―8333  (受付時間:平日10:00~18:00)

メールアドレス:kamata@jesd.jp

(受付は24時間。ただし返信が遅れることがございます。ご了承下さい。)

 

↓JESD蒲田への行き方は、下記ブログ記事をご参照ください!

JESD蒲田ってどこにあるの?JR蒲田駅・京急蒲田駅からの行き方