JESD 日本うつ病就労移行支援協会

心身に不安があるが就職・リワークに一歩をふみ出したい・心配で仕方がないという方は
就労移行支援事業所・就労継続支援A型事業所、JESD(ジェスド)日本うつ病就労移行支援協会へご相談ください |
うつ病(鬱病)・発達障害(学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群)・
統合失調症をお持ちの方に就職・就労・リワークのご支援をいたします。週1回からでも利用可能です。

2018-06-26

社会人に必須のマナーって何だろう?

 

社会人になってようやく2か月が経とうとしていますJESD蒲田の支援員桑原です!!

 

今年の4月から皆さんはこの二か月いかがお過ごしでしょうか?

 

4月は入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待がありやる気があると言われています。

しかし、新しい生活や環境に適応できないまま、ゴールデンウィーク中に疲れが一気に噴き出したり

長い休みの影響で学校や職場への行く気をなくすという要因から、理由不明な体や心の不調に陥ることを

 

5月病と呼ばれています。

 

さて、ここまでは5月病について簡単に説明しましたが

 

5月病の対処法について気になってしまう方もいると思うのでご紹介したいと思います!!

 

 

【時間を上手に管理する】

一度に多くのことを行おうとして、結局どれでも達成できないということは珍しくありません。

そのため、適宜休憩をとり、ウォーキングなどの運動をして気分転換を図ると、

脳を活性化でき余裕も出てきます!!

 

【他人と交流する】

他人と交流することで、ネガティブな感情や孤独、退屈をやわらげられます。

そうすると自分が抱えている問題に集中し、混乱を整理することが出来るようになります。

 

【運動を習慣化する】

ウォーキングなどの運動や身体活動は、ストレスを軽減する効果があります。

このように、毎日の生活で体を動かす時間を作ることが、健康増進の効果を得られるだけでなく、緊張をやわらげ心身をリラックスさせ、ストレス管理に役立つことが多いのです。

 

【体をケアし生活を健康的に変えていく】

健康的な食事と質の良い充分な睡眠が、ストレス対策に効果的です。

ストレスがたまっているときこそ毎日の食事を見直しそして質の良い睡眠は

緊張を少なくし、ストレスに対する態勢を高める。

 

【呼吸を整える】

過剰なストレスを感じ、身体的な緊張を受けていると、呼吸が浅くなることが多い。

浅い呼吸は血中の酸素を減らし、筋肉の緊張を高め、ストレスをますます高める原因になる。

心の不調を感じている場合は、1分ほど深呼吸をしてみましょう。

 

対処法など改善策を考えることも重要ですが、

みなさん誰しも5月病にはなりたくないと思います。

 

そ こ で

 

5月病の予防策をお伝えしたいと思います!!

 

【趣味に打ち込む】

料理・釣り・プラモデル・絵・読書など続けてきた趣味や好きなことをしましょう。

脳内の「幸せホルモン(セロトニン)」の分泌が活性化し、ストレスが緩和されます。

 

【運動をする】

身体を動かす時間を作ることで、緊張をやわらげ心身をリラックスさせることが

出来ます。

 

【身体のリズムを整える】

休日もある程度決まった時間に起き、生活リズムを崩さない

よう心掛けましょう。

また、睡眠の質を高めるため、深夜までの仕事や就寝前に

デジタル機器に触れることは避けましょう。

 

【悩みを打ち明ける】

程度の差はありますが、周りには同じようなストレスを

抱えている方がいるので、悩みを共有してみましょう。

話せる相手がいない人は、文章に書いてみると問題が明確になり、

新しい視点が見つかるかもしれません。

 

最後になりますが...

自分は症状が出ていない場合も、周囲には5月病になっている人がいるかもしれません。

「ゴールデンウィーク後に様子がおかしい」と感じたら声をかけ、みんなで五月病を予防していきましょう。

 

前置きが長くなりましたが、本題に入ります。

 

実は先週、研修に行ってきました。

 

その研修で訪問・面談マナーについて学んできました。

まず、訪問時のマナーから説明していきたいと思います。

 

訪問時のマナー

 

【訪問する際のマナー】

 

訪問先のビルに入る前にすることがあります。

①身だしなみチェック

②携帯電話の電源を切る

③コートは脱ぎ、裏表の二つ折りにして腕に掛ける

④マフラー、手袋はカバンにしまう

 

応接室の上座を勧められた場合は、どうしたらよいのか?

 

下座に座るのがマナーです。

ただし、上座を勧められたら、断り通さず、

相手の配慮に感謝し、恐縮です、という思いを持って

上席に座りましょう。

 

 

コート→できるだけ小さく畳み、ソファーの脇か、背もたれと背の間へ

カバン→足元に置く。机や椅子の上にはおかない

資料→広げずに、すぐに取り出せるよう準備しておく

名刺ケース→初めて訪問する場合は必要。名刺を人数分準備する。

 

資料は広げて待たずに、商談が始まったら、すぐに出せるように準備します。

 

お茶を出していただいたらどうする?

・出してくださった方にお礼をお伝えする。

・相手が手をつけるか、勧められるまで飲まない。

・面談が終わりそうになったら、

話が一段落したところで「いただきます」と声をかけて飲む。

※お茶に手を付けないのはNG!少し残すか、飲み干すのがよい。

 

面談中に気をつけたいポイント

・態度

目線、表情、姿勢、あいずち

メモを取る、物の指し示し

・仕草

ペンを回す→意欲がない

爪を触る→不潔感

髪や鼻、耳など自分の顔を触る→自信がない印象

手や口で隠す→信頼できない印象

 

挨拶して他人の所からさることを辞去と言います。

去るタイミングは訪問した側から切り出すのが基本的マナー。

面談時間は長くても1時間を目安に。

基本的には、社外に出てから上着を着用。

相手が勧めてくれた場合は、「お言葉に甘えて失礼します」と言って着用しても構わない。

 

【お客様をご案内際のマナー】

 

~エレベーター編~

誰も乗っていない場合は案内人が先、「お先に失礼します」と一言断ってから、「開」ボタンを押し、ドアを押さえ、お客様に乗って頂く。案内人が先に乗る理由は、安全確認のため。

すでに誰か乗っている場合は、案内人はドアを押さえ、お客様に乗って頂く。

 

~階段編~

案内者とお客様はどちらが先に上がればいいでしょうか?

原則は、『お客様が先。』

ただし、お客様によっては、勝手のわからずお客様が不安に感じる。

案内人が男性で、お客様が女性。階段を後ろからついて上るのは抵抗を感じる。

その際には、「お先に失礼いたします」の一言を添えてから先に上がる。

 

~応接室ご案内編~

案内者はお客様の2~3歩先の壁側訪問者は、中央を歩きます。

進行方向は手のひらで案内人が示す。「応接室に案内します。どうぞこちらへ」とお伝えする。

長い廊下の場合は、「今日はお暑いですね」等雑談をするとよい。

 

~応接室のドア編~

応接室に入る際は、案内人がドアを押さえられる順番で。
※原則はお客様が先です。

□押して開くドア

案内人が先に入『お先に失礼致します』中に入ったら、

ドアノブを持ち替え、『どうぞこちらへ』お客様に入って頂く。

□引いて開くドア

お客様に先に入って頂く。

 

~応接室到着編~

応接室に到着した際に、お客様を席に案内するまでたっていることになるため、

必ず席にご案内する。

 

お茶の出し方

3回ノックし、「失礼します」という。

お茶は、湯のみ茶碗と茶たくは別々において運び、応接室内のサイドテーブルに

一旦お盆をおき、セットする。

お客様に出すときは、茶たくは両手で持つ。

お茶を出す順番は上席から出します。

お茶はお客様の右側から出す。

 

 

~エレベーターお見送り編~

エレベーターホールでのお見送りの手順

1.お客様をエレベーターホールにご案内し、エレベターのボタンを押す。

2.エレベターのドアが開いたら、ドアを押さえ、お客様に乗り込んでいただく。

3.お客様が乗り込み振り返られたら、「ありがとうございました」と言い、深くお辞儀をする。

4.ドアが完全に閉まるまで、頭を下げてお見送りする。

 

【席次マナー編】

 

~エレベターの席次~

数字を見てわかるように操作盤の前が一番下座になります。

そして、操作盤の後ろが上席になります。

奥であり壁のほうが落ち着くという理由です。

 

~応接室の席次~

 

入り口に対応者が座る。

奥の席にお客様(訪問者側)が座る。

ドア(出入口)から一番遠い席が上席となる。

しかし、真ん中の座席が上座となる場合がある。それはお客様(訪問者側)がプレゼンテーションを行う時などである。

 

みなさんいかがでしたでしょうか?

研修で学び、私も実際に行いましたが初めから完璧に出来るわけではありません(´;ω;`)

何事も何度も行い徐々に出来るようになります。

 

訪問・面談マナーについて聞いてみたい教えて欲しいかたは是非蒲田にお越しください!!

 

JESD蒲田

住所:〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目28−2 MCMビル4階

電話番号:03―5703―8333  (受付時間:平日10:00~18:00)

メールアドレス:kamata@jesd.jp

(受付は24時間。ただし返信が遅れることがございます。ご了承下さい。)

 

↓JESD蒲田への行き方は、下記ブログ記事をご参照ください!

JESD蒲田ってどこにあるの?JR蒲田駅・京急蒲田駅からの行き方