JESD 日本うつ病就労移行支援協会

JESDの特長!他の就労移行支援事業所とどのように違うのか、説明させていただきます。蒲田の就労移行支援事業所、JESD蒲田の特徴は「個別指導」「就労後も見据えたセルフケア」「リフレッシュ」「資格取得」「コミュニケーション力は実際の業務で必要なだけ」など説明しております。

2018-05-07

JESD蒲田の特長は?ほかの就労移行支援事業所とどう違うの?

こんにちは。JESD蒲田の支援員、藤本です。

今回は就労移行支援事業所JESDの特長についてご紹介いたします。

 

「就労移行支援事業所」とは、障害のある方で「仕事をしたい!」とお考えの皆様が、仕事に就けるよう支援する障害福祉サービスです。

 

障害をお持ちで現在お仕事に就いていらっしゃらない、18歳以上65未満の方が、最長2年間利用できます。

 

JESDは、障害の中でも特に精神障害と知的障害を対象にしております。

そして、どちらかと言えば、事務職への就職が強い事業所です。

 

数ある就労移行支援事業所の中で、JESDの特徴をお伝えします!

JESDって?

 

前身は、個別指導の学習塾。だから利用者様の最速で就職ができる。

JESDを運営している株式会社CAIは、「個別管理型」の塾を運営しております。

 

「個別管理型」の塾とは、講師が授業をするのではなく「生徒が自学自習をし、その生徒の進み具合や達成度の評価をして、勉強の計画を練り直す」という形の塾です。

 

勉強は、よほどの天才でない限りは、授業の際に身に着けるものではなく自学自習して身に着けるものです。その自学自習を助けるのが「個別管理型」の塾の役割です。

 

個別管理型の塾では、それぞれの生徒が、自分の理解度にあった勉強をするので、無駄がありません。無駄がないということは、必要なことを最速で身に着けることができるということです。

 

就労移行支援を利用できる期間は2年間しかありません。ですので、この2年間をいかに有効に使うかが重要になってきます。

 

他の就労移行支援事業所では、カリキュラムを組み、一斉の授業を行うことで就職に必要なスキルを身に着けることも多いようですが、JESDでは一斉の授業はほとんど行っておりません。

 

それは、それぞれの利用者様によって、障害の程度や就労に必要なスキルが全く違う就労移行支援に、授業という形式は馴染まないと考えるからです。

 

また事業所によっては、「2年間通って、就労する」という考え方もあるようですが、JESDでは就労のための準備が整った時点で、就活をスタートします。

 

JESDでは、利用者様の貴重な時間を浪費せず、最短距離での就労を目指します。

 

もちろん、その方に合わせて、必要だと考える支援は十分にいたしますので、ご安心くださいね。

 

参考までにお伝えすると、2年をフルに使って就労すると、少し危険なこともあります。

 

万が一その就労でミスマッチが起きて退職しなければならなくなったとき、もう就労移行支援のサービスを受けることができなくなってしまうことです。

 

就職は人と人との相性がどうしてもありますので、万が一のことが起こらないとも限りません。

 

就労移行支援を使える期間を残しておくことで、そういった万が一の際にまた、利用できる状態でいられることも、利用者様にとって大切なことだと考えております。

 

就職後を見据えたセルフケアで、長く働ける自分に変わる。

 

実は私自身、うつ病を抱えて何年も仕事をしています。その中で思い知ったのは、体調のコントロールの難しさでした。

 

うつ病は、良い時があれば、悪い時もあります。その一方で仕事は毎日進んでいくので、仕事に穴をあけて周囲に迷惑を掛けてしまうことも多々あり、その度に自己嫌悪の日々でした。

 

「体調管理も仕事のうち」と言われますが、それができない自分はなんて駄目なのか。そう落ち込むとさらにうつ病も悪くなるという悪循環を繰り返すこともありました。

 

精神障害を抱えて就労するなら、体調のコントロールは必須です。

 

また、障害者雇用では、障害者に対し「合理的な配慮」(休憩を与える、仕事の量を調整する、など)を会社側はしなければならないことになっていますが、精神障害の場合は「何をどう配慮すればいいか」は外側からはわかりません。

 

自分から周囲に「このような配慮をして欲しい」と言わなければ、会社側は配慮のしようがありません。ですが、いざというとき、自分の状態を「〇〇な状態なので、△△という配慮をしてください」と正確に伝えられるでしょうか。

 

これらの点が、精神障害の方の就労が難しい理由になっています。

 

そこで、JESDではこの難関に立ち向かうために、「セルフケアシート」を用いています。

 

セルフケアシートとは、日々の自分の調子の変化を記入していくことで、「自分は今どういう状態か」が自分にも他人にもわかるシートです。

 

どういう時に自分の調子が悪くなるのかがわかれば、「自分の調子が悪くならないためにはどうすれば良いか?」を考えることができます。

 

JESDでは、このセルフケアシートを毎日、朝と夕方に記入していただいております。そして月末や、調子が悪い際に、利用者様に今の状態をセルフケアシートを利用して報告していただきます。

 

シートを見返しながら調子が悪い原因を考えたり、セルフケアシートのチェック項目を変えるなどのブラッシュアップを行います。

 

こういった日々の活動が、自分の調子を整えるとともに、「仕事先で上司に自分の体調について報告・相談する」という訓練にもなっています。

 

利用者様が、就労先で長く働くためには必須のスキルを身に着けられるように、一緒に歩んでいくのがJESDの役目です。

 

自分の体調がつかめたら、適度なリフレッシュでコントロールを!

 

セルフケアシートを書いていただくと、どのようにすれば自分が調子よくいられるかわかってきます。

 

実際の業務の最中では、10分程度のリフレッシュで調子を上げられると実用的ですよね。また休日の過ごし方も、次の1週間の調子を決める大事な部分です。

 

オンの自分が調子よくいられるために、オフの自分は思いっきり休んだり、楽しいことをしたりする必要があります。

 

JESDでは、毎日の休憩の取り方の相談のほかに、月に1回交流会を企画します。

 

プリザーブドフラワーの講習会や、工場見学、お花見など、皆で楽しいことをして、オフも大切にしています。

 

また交流会のプログラムは支援員側の企画だけでなく、利用者の方に企画していただいて利用者の皆様と準備をして行うこともあります!

 

コミュニケーション能力の向上にもなる楽しい企画、利用者の皆様と「オフの時間」を体験するのを今から楽しみにしております。

 

「達成する力」の証明にもなる、資格の取得を応援します。

JESDでは、資格取得をお勧めすることが多いです。これは、資格が証明してくれるスキルの証明ができると同時に、その方が「何かを成し遂げる力を今は身に着けている」ということも証明できるからです。

 

また、JESDに通う利用者様は事務職を希望される方が多くいらっしゃいますが、実は、障害者雇用の求人の中では事務職はまだまだ少なく、倍率が高くなることが多いから、という理由もございます。

 

倍率が高ければ書類選考になり、そうなれば履歴書に書けることが多い方が良い。そのような事情もあります。

 

資格の取得を応援しているJESDですが、やはり「全員参加の授業」は行いません。それぞれの利用者様のが取得を目指す資格について、JESDで過ごす時間の中で、各自勉強をしていただいています。

 

授業はありませんが、利用者様ごとに進み具合を確認し、どのように勉強を進めるか支援員と相談しながら進めます。

 

蒲田では、わたくし藤本が中心になって相談を進めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

仕事に必要なコミュニケーション力の範囲って?必要な力だけ身に着ける。

他の事業所では、全員が自己紹介をしたり、グループワークなどでチームの意見をまとめて発表したり、というトレーニングをする機会がありますが、JESDでは行っておりません。

 

皆さんは実際の業務で、そのような機会はこれまであったでしょうか。私は、ありませんでした。

 

障害者雇用の職場では、決まった同僚・上司に、自分の考えを伝え、相手の考えを聞く、という自然なコミュニケーションが取れれば問題ありません。

 

JESDでは、昼食時の会話や、月に1回行われる交流会などのイベントでの会話を、コミュニケーションの訓練の場として位置付けています。

 

日々のコミュニケーションの課題を支援員と相談していただきながら、少しずつコミュニケーションのスキルを身に着けていただきます。

 

もちろん、業務を行う上で必要な電話応対や敬語の使い方などは「講座」という形でご提供しますが、こちらも「自分に必要だと思われる方のみ参加する」形をとっており、強制ではありません。

 

ここでも、「必要な方だけに、必要なだけの支援を」提供いたします。

 

これだけのコミュニケーションのスキルでは足りない職種に就きたいと考えていらっしゃる方には、残念ですがJESDは合わない可能性が高いです。その点も併せて事業所選びの参考にしていただければと思います。

 

皆様が希望する「仕事の形」を実現できる事業所に出会えますように。

 

ここまで、JESDの特徴を書いてまいりましたが、皆様いかがでしたでしょうか。JESDに興味を持っていただけましたら、幸いです。

 

興味をもって頂けましたら、ぜひご連絡いただき、見学に来ていただければと思います。

 

ですが、事業所選びはその後の就職を左右する大事な選択です。ぜひ、色々な事業所へ見学に行ってください。

 

その中で、皆様の「こんな風になりたい」が実現できる事業所がどこか、じっくり考えていただくのが良いと私たちは考えております。

 

そしてその上で、もしJESDを選んでいただけましたら、それ以上幸せなことはありません。

 

全力でサポートいたしますので、その時はどうぞ、よろしくお願いいたします。