JESD 日本うつ病就労移行支援協会

アサーション、自分の気持ちを相手に柔らかく伝える方法をご紹介します!!アサーションとはアメリカで生まれた自分と相手を大切にする表現技法です。
アサーティブな表現を知っているだけで適切な対応や関わり方ができます。

2018-05-31

アサーション講座~自分の気持ちを柔らかく伝えよう!~

こんにちは、JESD新横浜です。

 

まだ5月ですよね(*^▽^*)なんでしょうか、この暑さ(*^▽^*)

目的地にたどり着いた時には、大量の汗。

既に夏の訪れを感じました!!

帽子、日傘、カーディガン、暑さ対策してくださいね~!

事業所内はしっかり冷房効くのでご安心ください(笑)

 

 

 

A型で勤務している方に、

「私が学生の頃は学校に冷房も暖房もなかったです!」

と暴露していただいた時はさすがに驚きました!!!(笑)

最近のびっくり仰天エピソードでした(^_-)

 

 

 

 

アサーション

 

皆さんは、友人や親、兄弟などと会話をするときに

気を付けていることはありますか?

思っていることをストレートに言葉に出して伝えることはできますが、

相手を傷つける可能性がありますよね。

 

そんな時、

”どのような方法、言葉で話すことが自分にも相手にも良いか”

を知っていたら、便利だなと思いませんか?

 

 

 

 

 

そこで!!!!!!

 

 

 

 

先日、

「アサーション」~自分に気持ちの伝え方~ 講座

を新横浜事業所で行いました!

 

アサーションとは、アメリカで生まれた自分と相手を大切にする表現技法です☆

 

assertion=主張、断言

と、英和辞典では出ますが、強く自己主張をするということではありません。

 

”自分のことも、相手のことも大切にする”やり取り、コミュニケーションのことを言います。

 

 

 

自己表現方法には主に3つのタイプがあります。

 

 

 

1、攻撃的、”ジャイアンタイプ”

自分の意見や考え、気持ちをはっきり言うのですが、自分を優先することで相手の言動を抑えようとするタイプ。

 

2、非主張的、”のび太君タイプ”

自分の気持ちや考え、意見を表現しなかったり、上手くできなかったりするタイプ。

 

3、アサーティブな自己表現、”しずかちゃんタイプ”

アサーションが出来ている状態をアサーティブと言います。

自分の気持ち、考え、信念などを正直に、そして率直にその場にふさわしい方法で表現するタイプ。

 

 

 

みなさん、どちらに当てはまりますか?

講座では、「僕はジャイアンタイプです!」と胸を張って主張する方も(笑)

どのタイプの方もいらっしゃいました!!

私は、、どれでしょうか。時と場合によりますかね(^_-)

 

普段なかなか自分のタイプを考えるということは少ないと思います。

自己分析ですね、なんだかわくわくしてきました(笑)

”自分を見つめてみる”

少し恥ずかしいですが、とても大事な時間だと思います。

では、次に進んでみましょう(*´▽`*)

 

 

ここから3番のアサーティブな自己表現の仕方を学んでいきます

 

 

 

アサーション練習

 

アイメッセージ「私は~と思います。」のように「私」がどう思っているかに焦点を当てて発言する。

 

このような言い方をすることで、相手が反発したりマイナスな気持ちになるのを防ぎます。また、否定的な言葉でなく、肯定的な言葉を使うのもポイントです(*^^*)

 

 

 

例えば、、

 

あなたのそんな言い方では分からない!

私は、もう少し分かりやすく教えてほしいです。

 

 

あなたはどうしていつも報告書の提出が遅いんだ!

私は、あなたの報告書が早く出来上がると助かります。

 

 

 

といった具合です^^

どうですか?こんなちょっとした変化で

だいぶ言葉の持つイメージが変わりますよね。

 

攻撃的でなく、言われた方も”協力しよう”、と思えるような伝え方になっています。

 

このように、少し工夫するだけで、お互いが気持ちよくやり取りすることができます。

 

 

 

 

この後も、様々な場面を想定し、

「私」を主語にした文章を考えていただきました。

 

相手を責めるような口調、発言は、相手の反発を招きます。

「私は~」と自分の意見や気持ちを伝えて、相手にしてほしいことをお願いします。自分を主語にして話すことで相手を傷付けることがなくなるので、”私”の話を聞き入れてくれるようになります。

 

では、1問考えてみましょう☆

 

「あなたっていつも遅刻ばかりね」

これはアサーティブな表現ではないですね、

これをどのように言い替えますか?(*^^*)

 

ヒント!

主語を”私”に置き換える!!

 

正解はもちろん、ひとつではないですが、、

私はあなたと会うのを楽しみにしていたから、寂しい気持ちになったわ。」

 

いかがですか?

ずいぶんと雰囲気がかわりましたよね。

このように言われたら、

”申し訳なかったな”と素直に受け入れられますよね。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

こんな表現方法を知っているだけで、角が立たず

自分の思いを伝えることができます。

相手を思いやるすべをいろいろな角度から知っていると

その時々でより適切な対応や関わり方ができるのではないでしょうか。

 

ぜひ、意識して取り組んでみてほしいと思います^^

 

 

先日のマナー講座では、第一印象での言葉の印象は7%に過ぎないとお話しをさせていただきました。

ですが、”伝え方”も外見を整えるのと同じように相手への思いやりでできていると思います。

大きなくくりで表すのなら、アサーションもマナーのひとつなのでは、と感じました!

 

 

 

先日までよく見かけていたCMで好きなフレーズがあります。

”学んだことは誰にも奪われないから”

 

 

講座だけでなく、JESDでの経験、学びを未来に活かしていただきたいと

私たち支援員は願っております。

 

 

 

 

※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。

——————–アクセス———————
【横浜市指定 就労移行支援事業所】
JESD新横浜 日本うつ病就労移行支援協会
住所:横浜市港北区新横浜3-22-5メグロビル6階
TEL:045-475-5355
mail: shinyokohama@jesd.jp
(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日はお休み)