JESD 日本うつ病就労移行支援協会

皆さんはハローワークで求人検索をしたことはありますか?今回は(簡単にではありますが)ハローワークの利用の仕方や求人検索機の使い方を画像付きでご紹介いたします^^「ハローワークってどうやって利用するのかな?」そう思っている方、必見です…!

2018-05-24

ハローワーク訪問!求人検索機を使ってみよう!

こんにちは!JESD(ジェスド)新横浜の就労継続支援A型で働いている市川です!

突然ですが皆さま、ハローワークを利用したことはありますか?

ハローワーク=公共職業安定所。略して「職安(しょくあん)」「ハロワ」と呼ばれることも多いですね。

「行ったことがないから、どうやって利用すればよいのかわからない…」

「仕事を探したいけど、どんな準備をして行けばよいのかなぁ」

「そもそも、どうやって仕事を探すの!?」

どんなことでも、わからないと不安になったり怖くなったりしますよね。

 

5月8日(火)、就労移行支援の利用者さま(希望者)に同行して港北公共職業安定所を訪問し、実際に求人情報を調べてみました!今回はそれを踏まえて、ハローワークや求人検索機の利用方法、使い方をご紹介いたします^^

この記事が、上記の疑問の解決や不安解消につながれば幸いです。

 

当日は私も興味のある分野の求人情報を検索してみたので、検索機に関しては私と一緒に操作する気持ちでお読みいただけると、よりわかりやすいかと思います^^

さぁ、一緒にLet’sお仕事探し!

 

初めてのハローワーク…どうすれば良いの?

初めて利用するのであれば、受付で「初めてなのですが…」と声をかけてみましょう。利用の仕方を説明してもらえます。ハローワークで求職活動をするには『求職申込書』に必要事項を記入して受付に提出し、『ハローワークカード』を受け取ります。検索機を使って求人情報を調べるだけならば登録しなくてもよいのですが、求人への応募やさまざまな相談をするためにはハローワークカードが必要になります。

記入事項については『ハローワークインターネットサービス』というWebサイトでも公開されているので、そちらで正確な情報をご覧くださいm(u u)m

↓早速調べたいという方はここをクリック!

 

 

 

 

 

 

検索機を使ってみよう!

さぁ、お待ちかねの求人検索機の登場です。受付で「検索機を使わせてください」と声をかけると、番号札を渡されます。そこに書いてある番号の検索機を使いましょう。

今回は35番でした^^
「でも私、パソコンの操作は苦手…」

→ご安心ください。

専用のペンが置いてあるので、それを使って画面をタッチして操作します。スマートフォンと同じ感覚です^^

画面右下の『開始』をタッチして、希望する求人情報の条件を入力していきます。

 

いろいろな選択肢が表示されましたね。ここで『障害者求人情報の検索』をタッチ。

 

順番に表示される画面に必要事項を入力し、タッチしていきましょう。

今回は「30歳でフルタイムの仕事を、条件を指定して探す」ということにします。

 

 

すると右下に2つの黄色いボタンが…!

「できれば近隣の地区で働きたい」ということで、『近隣の求人からさがす』をタッチします。

 

『希望条件選択』という画面が表示されましたね。

ここでそれぞれの項目をタッチしながら、自分の希望条件を入れていきます。

例えば…「職種は福祉系で、休日は土日祝。週休2日制は毎週を希望します」などなど。すべての項目を埋める必要はありませんが、「これは譲れない!」という条件はしっかり入れておきましょう。

 

条件を入力したら『求人一覧』をタッチ。すると条件にあてはまる求人情報がズラッと表示されます。気になる求人を見つけたら右側にある緑色の『求人票』をタッチ!

 

画面いっぱいに求人票が表示されました!

ここで詳しい仕事の内容や給与、待遇、就業時間(休憩時間)、必要な応募書類など、重要な情報を確認できます。「月給は十分だけど、自分にできる仕事かなぁ。応募条件は満たしているからOK。通勤時間は1時間くらいか」といった基本的なことから、「おっ、エレベーターがある。トイレが洋式なのは安心!就業場所には従業員が10人いて、そのうち6人は女性なのね」など、職場環境の詳細が書かれていることもあります。

※すべての求人票に詳細な職場環境が書かれているとは限りません。

 

応募したい求人(窓口で相談したい求人)が見つかったら、求人票を印刷しましょう!

求人票が表示されている画面の下のほうにある『印刷』をタッチすると、使っている検索機に繋がれたプリンターから求人票が印刷されます。それを持って相談窓口へ行き、ハローワークカードを提出すると、応募にあたっての相談や紹介状の作成ができます。

※一度の利用で印刷できる求人票の枚数には上限があります。あと何枚印刷できるかは検索機の画面に表示されます。

 

 

ぜひ、いろいろなサポートのご利用を!

就職活動にはかなりのエネルギーを使います。情報収集、履歴書の作成、応募先への連絡…不安や緊張を感じるのは当然のことです。そんなとき、就職活動を支援してくれるプロフェッショナルが身近にいたら、どんなに心強いことでしょう。

ハローワークの相談窓口はもちろん、『障害者就業・生活支援センター』という機関も就職活動に関する相談に乗ってくれます。

 

窓口を訪問することに緊張する方もいらっしゃるでしょう。しかし、ぜひいろいろなサービスを利用して、程よい緊張感と安心感の両方を手にしながら就職活動に取り組んでほしいと私は思います。

JESDも、利用者さまへの就職活動支援や、就職後の定着支援に力を入れています。私もいつか、JESDの心強いスタッフに支えてもらいながら、新たな仕事への一歩を踏み出したいと思っています。

 

恐れずに言えば、就職活動がスムーズにいかないことは多々あります。しかし、伴走してくれる支援者も大勢います。この記事が、就職活動に取り組もうとする方々の一助になれば幸いです…!

長くなりましたが、ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ハローワークの許可を得たうえで掲載させていただいております。

——————–アクセス———————
【横浜市指定 就労移行支援事業所】
JESD新横浜 日本うつ病就労移行支援協会
住所:横浜市港北区新横浜3-22-5メグロビル6階
TEL:045-475-5355
mail: shinyokohama@jesd.jp
(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日はお休み)