JESD 日本うつ病就労移行支援協会

心身に不安があるが就職・リワークに一歩をふみ出したい・心配で仕方がないという方は
就労移行支援事業所・就労継続支援A型事業所、JESD(ジェスド)日本うつ病就労移行支援協会へご相談ください |
うつ病(鬱病)・発達障害(学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群)・
統合失調症をお持ちの方に就職・就労・リワークのご支援をいたします。週1回からでも利用可能です。

2017-07-18

たった2か月で日商簿記検定3級合格

日商簿記検定試験 3級合格!!

こんにちは!
新横浜の就労移行支援事業所・就労継続A型事業所 JESD新横浜の春日です。
今回は6月に実施された、日商簿記検定試験3級に見事合格した、利用者Tさんのことをご紹介させていただきます。

f:id:jesd_shinyokohama:20170718085307j:plain

前職で会計事務の経験もあり、一旦営業職なども経てから、パワハラのため、仕事との距離を置いていたTさん。

5月からJESDに通所し始めました。

いつも颯爽とバイクで来るTさん。

精神的にも前向きな気持ちが維持でき、6月の日商簿記試験を受験することになりました。

実はTさんは以前高校時代に取得経験がありましたが、再受験することにしたのは、次のステップのための基本をきちんとやり直したいという気持ちからなのです。

「どうせやるなら、スキルをもっと磨いていきたいんですよ」と話す通り、3級合格後の次なる目標も見据えていました。

受ける当初は漠然と、今年度は秋に2級を受け、来年は社会労務士の受験を検討していました。

JESDで公認会計士の資格を持つ指導員といろいろと資格の話をした結果、実務としての即戦力がある、「給与計算実務能力検定試験」を受験することになりました。

簿記3級の時と同様、個別の進度表を作成し、日々それに合わせて進んでいくという形で勉強を始め、合格を目指しています。

取得した資格を活かせる仕事を探しつつ、今は計画的に勉強に取り組んでいます。

職場環境は大事なので、焦らずしっかりと仕事選びをしていきたいというのがTさんの希望です。

資格を取ったからすぐに就職活動ではなく、心のバランスや、就職するにあたっての気持ちなどを傾聴し、その人に合わせた支援をJESDでは重視しています。

 

※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。