JESD 日本うつ病就労移行支援協会

就職に当たって利用者が仕事に何を求めるのか、サンプルを使って意見交換しました。人生を豊かにしてれる、成長させてくれる「仕事」というチャンス。大切にする価値観をはっきりさせておくことは、働く意味を見出すうえで役立ちます。
あなたはどんな価値観をもって、仕事を選びますか?

2017-12-26

あなたは仕事に何を求めますか?【就職情報交換会】

こんにちは。
JESD新横浜サービス管理責任者の杉崎です。

寒さに弱い私にとって、毎朝の凍てつく寒さに悲しみと怒りを覚えております。

それでもぬくぬくしたお布団に別れ告げ、満員電車に揺られて通勤する自分をいつも褒めておりますが、みなさんはいかがでしょう。

そんな私が、今年最後の就職情報交換会を担当させていただきました。

前日の帰り際、「明日の講座、緊張します~」とおっしゃるТ君。

ガーーーーーーーーン!そ、そんなに私って怖い?!

まずい・・・講座参加は自由・・・このままでは私が担当する講座に参加者がいなくなる日もそう遠くない…とはいえ急に癒し系にもなれないし・・・( ノД`)シクシク…

考えた末、せめて資料はゆる~いものにしてみました。

開始前、机に並べると早速「可愛い~♪」という期待通りの反応。

内心ガッツポーズの私の隣に座ったNちゃんが「今は(コアラじゃなくて)パンダですよね」と。

ガーーーーーーーン!(PartⅡ)

そうだった・・・世の中、連日のようにシャンシャン言ってるじゃない。。。

それでも動揺を隠しつつ、講座をスタート。

ここからが本題です。(笑)

f:id:jesd_shinyokohama:20171221092810j:plain

JESDにお集りのみなさんは、当然ながら「仕事に就きたい方」ばかりです。

ではどんな仕事に就きたい?と聞かれて、明確に答えられる方はそんなに多くないのも事実です。

そこで今回、仕事選びのご参考になればという願いを込めて、仕事に何を求めているかを探っていただくことにしました。

やり方はシンプルです。

お配りした資料の1から14の項目に優先順位をつける、それだけです。

あまり深く考えこまずに直感でサクサクやっていただきました。

14項目すべてを順位付けした方や、最優先の項目にに二重丸をし、まったく求めていない項目にバツをつけるなど、やり方も様々です。

さて、その結果は・・・

f:id:jesd_shinyokohama:20171221113339j:plain

多くの方に選ばれた、栄えあるナンバー1に輝いた項目は「自分の能力を発揮できる」でした。

人の役に立つ」「良い結果を出す」も比較的みなさんに選ばれた項目です。

14項目中、一人のご指名もいただけなかった項目が「美しいものを創る」でした。

どうやら芸術肌の方は在籍しないようです。

私においては、早い段階でバツをつけました。

また「お金をたくさん稼ぎよい生活を送る」を最優先にした方もいらっしゃいませんでした。

みんな、株上げたいんじゃないの? と疑いたくなる結果でしたが、どうやら本心のご様子です。

その他「人の役に立つ」や「良い結果を出す」も多くの方が上位にあげており、なんだか嬉しくなってしまいました。

「自分の能力が発揮出来て、それが良い結果だったらこんなに嬉しいことはないよね」

「仕事環境が心地よいって、解釈が様々じゃない?」

「わくわく感も人によって違うよね」

「お金は大事だけど、それだけじゃ仕事が辛くなった時の支えにならないかも…」

おぉ・・・なんていい講座。(笑)

すると、いぶし銀が素敵な新横浜のDIY部長(私が勝手に命名してます)Sさんから

仕事に求めるものって、時代や年齢によって変わってきますよね。若い頃は経済的報酬とか冒険性、自分の能力を認めて欲しいって気持ちが大きいけど、年齢を重ねていく事で、愛他性とか社会奉仕なんかに目を向けるようになる。だから時折見直してみることも必要でしょうね。」

待って~!それ、講座のまとめで使うセリフだったんですけどぉ!!

経験値が違うSさんの言葉には重みがあり、一同激しく同意した瞬間でした。

(私が言わなくてホントによかった…)

Sさんが綺麗にまとめて下さったところで次にお配りしたのは、ある方のサンプルです。

f:id:jesd_shinyokohama:20171221142610j:plain

全員である方の、仕事に求めているものを確認し合います。

「積極性を感じます」

「頭が良い方だと思う」

「チャレンジ精神が旺盛。ぐいぐいひっぱっていく感じ」

「コミュニケーション能力が高そう!」
「わくわく~、を選んでいるってことは、ルーティン化した仕事は向かないかな」

「身体を~、を選んでないからガテン系は嫌なのかも」

「それを選んでたら、間違いなく営業職でしょ!」

「美しいもの~、を選んでないから芸術系ではないねぇ」

大勢の目が、この人物の傾向を鋭く指摘していきます。

(こんなことなら、私をサンプルにすればよかった…)

続いて、この方にあうのでは?と思われる職業を挙げていきます。

「教員が浮かびました」

「お金を稼ぐ、を選んでいないからNPO法人の立ち上げ!」

「わくわく~、を選んでいるからレジャー系のキャストは?」

「接点を~、と人の役に~、を選択しているから、福祉系のサポートは?」

「コーディネーター」

「研究開発者が良いと思います」

高評価ですっ。

サンプルの人物が誰なのか知っている私は、いち早くこの声を届けたい衝動に駆られました。

その人物とは?

f:id:jesd_shinyokohama:20171211152819j:plain

正解はこんなお茶目な一面をもつ、われらが丸山さんなのでした!

ボス!嬉し泣きしていいですよぉ~(^O^)/

この講座で、ご自身の傾向がわかったある方は

自分に対して思っていたイメージと、実際に自分が大切にしていることに違いがあって驚きました。」とおっしゃっていました。

また、サンプルのようにご自身が選んだ価値観を、第三者にみてもらうことで、自分だけでは気付けなかったあらたな面が発見できるかもしれません。

人生を豊かにしてれる、成長させてくれる「仕事」というチャンス。

大切にする価値観をはっきりさせておくことは、働く意味を見出すうえで役立ちます。

さあ、あなたはどんな価値観をもって、仕事を選びますか?

※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させて

いただいております。

就職情報交換会「障がい者雇用について知ろう!編」
就職情報交換会、他障害の方を理解しよう!

 

——————–アクセス———————

【横浜市指定 就労移行支援事業所】
JESD新横浜 日本うつ病就労移行支援協会
住所:横浜市港北区新横浜3-22-5メグロビル6階
TEL:045-475-5355
mail: shinyokohama@jesd.jp
(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日はお休み)

f:id:jesd_shinyokohama:20171108113633j:plain