JESD 日本うつ病就労移行支援協会

横浜市民防災センターに行ってきました。楽しみながら防災の知識を深められる素晴らしい体験でした。

2018-04-28

防災体験ツアー!!楽しみながら防災の知識を深めよう♪

こんにちは。

JESD(ジェスド)横浜の佐久間です。

JESDでは月に一度交流会を行っています。

今回は横浜市民防災センターにお邪魔しました(^^♪

総勢14名で行ってきました。

どうして今回防災センターで交流会になったかと言いますと

実は私(佐久間)がビルの防災研修にいったのがきっかけでした。

そこでは地震体験や消火シミュレーションなどがあり、

楽しみながら学べる施設だったので交流会で行ったら楽しそうだと思い、

上司に相談したところ。。。

「楽しそうじゃん!佐久間良いところ行ってきたなぁ~。交流会でいくのもいいね!」

ということで今回、横浜市民防災センターに行くこととなりましたヾ(≧▽≦)ノ

 

横浜事業所から歩いて5分の場所にあり、みんなで歩いて向かいます。

受付を済ませ、まず案内された部屋で災害シアターを見ます。

180度画面になっており大きな画面にみんなびっくりです(笑)

自助と共助の大切さ、優しさが被災の最大の助けになることを学びました。

とても心が暖かくなります(*´ω`*)

 

シアターを見当た後は地震シミュレーターです!

様々な地震を体験でき、長周期地震(高層ビルの揺れ)や関東大震災などの揺れを体験しました。

それぞれ2チームに分かれて地震体験をし

関東大震災や阪神淡路大震災を体験させていただきました。

同じ震度7でも横揺れやどん!とくる立て揺によっても

体感震度が全く違うのを感じました!

皆さんも「わあ!!」、「こわーい!」など地震の怖さを感じているようです。

 

その次は火災シミュレーターです。

火災シミュレーターでは火が出ている画面に向かって

赤外線が埋め込まれているノズルを使い、消火活動を行います。

実際の消化器は勢いよく中のものが出てきますのでかならず、

先の方を持つようにしましょうね(‘ω’)

ビルの中には20メートルおきに消化器の設置義務があるそうで

帰ってからみんなで確認しました。

「ここにあった!!」、「こんなところにも!!」

と意識してみて見てみるとたくさんあることがわかりました!

もしもの時は頼りにしてます( *´艸`)

最後に減災トレーニングルームにて震災にあった時、

どのように対応するのかシミュレーションしました。

二階建の一戸建てで震災に合った時のトレーニングを行いました。

物が落ちている場面をスクリーンで映しながらリアルな現場を演出しています。

トレーニング出来る震災は4種類あり何が起こるかは始まるまでわかりません。

今回は2チームにわかれ、洪水と地震を体験しました。

私は洪水シミュレーションを体験し、みんなで手分けして

避難生活に必要なものを集めていました。

皆さんそれぞれペットの猫ちゃん(猫のぬいぐるみ)や

食料、水など持ってきたのですが、

そこに不思議なものが・・・オ、オセロ!?(笑)

何で持ってきたのかお聞きすると

「避難生活で退屈しないように持ってきました(笑)」

なるほど~!確かに避難生活が続く中で何か楽しく気分転換が

できる物があるというのは大切かもしれないですね(*´ω`*)

 

体験ツアーの内容が一通り終わり、

「最後に体験したりないものはありますか?」

ということで、地震シミュレーションをお替りしてきました。

横浜想定地震と東日本第震災を体験しました。

東日本大震災は立て揺れが強くどん!と上からの突き上がってくる振動に

手すりにつかまっていても立っているのがやっとでした。

皆さん、とても楽しまれていました!!

 

 

次回は新緑の5月ということで三渓園に行ってきます(*´ω`*)

私は初めて行くのでとっても楽しみです。

次回、ブログもお楽しみに~~(^^♪

 

 

ご興味がある方はどうぞ、お気軽にお問合せ、見学などお越しください。

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所 横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル4F
TEL 045-313-2220
MAIL  yokohama@jesd.jp

(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝は休み)