JESD 日本うつ病就労移行支援協会

MOS検定Wordをわずか2週間という短い期間で取得されたお二人に、MOS検定Word取得の経緯や、今後の目標設定についてお話を聞いてみました!

2018-06-29

MOS検定Wordを合格されたA様とU様のお二人に話を聞きました!

皆様、こんにちは!

JESD横浜、サービス管理責任者の西東です。

 

蒸し暑い毎日がやってきました。

ワイシャツを長袖から半袖に変えても暑いことは暑い・・・

沖縄で幼少期を育った私といえど、沖縄と関東の暑さはまた別物です。

 

さて、JESD横浜ではMOS検定の取得ラッシュが継続しています。

今回は短期間でMOS検定Wordに合格されたA様とU様のお二人に話を聞いてみました。

 

↓過去にMOS検定Wordを取得されたO様はブログがこちらから↓

資格取得ラッシュ第4弾 JESD横浜初のWord合格者が出ました!

 

↓今回の主役A様とU様がMOS検定Excelを取得されたブログはこちらから↓

資格取得ラッシュ第2弾 短期間でMOS検定Excel合格のA様に聞きました。

資格取得ラッシュ第3弾 1ヶ月半でMOS検定Excel合格のU様に聞きました。

 

 

それではいってみましょう。

 

 

MOS検定Wordを取得した理由

 

A様とU様はJESDへ通所を開始され、まずはMOS検定Excelの取得に向かって訓練をされ無事に合格されましたね。

その後MOS検定Wordの取得を考えられたきっかけは何だったのでしょうか?

 

A様:「僕の場合はこれからの就職を考えた時に必要最低限のパソコンスキルを身に着けることが大切だと考えていました。そのためExcel、Word、PowerPointの3つのOfficeソフトを使いこなせるようになることが目標でWordの学習を始めた形ですね。」

 

U様:「私も同じように就職に必要なスキルと思った時に『何となく使えるWord』を『使いこなせるWord』にしてみたいと思っていました。事務職を目指していくときに必ず必要になると思っているし、何よりもMOS検定Excelに続いて自分で勉強をしてみたいと思える資格だったことが勉強に向けての姿勢が違いました。」

 

WordはExcelと違って文字を打つことが出来ればある程度使用できるソフトにはなります。ただ文字を打つだけでは業務に活かせるかどうかと考えた際には活かせないこと多いのですよね。

「見やすい」、「読みやすい」、「分かりやすい」の3拍子が揃った資料や企画書が作れることが大切になってきますね。

 

A様:「仕事をしていた時には資料を作ったこともありましたが、先輩が作ったものを真似したり、内容を少し変えたりして使うことが多かったですね。自分で1から作る、作れる楽しみがこれからは出てきます。」

 

私が初めてWordを勉強してみようと考えた時は卒業論文を書くときでしたが、MOS検定Wordに出てくるように表紙や目次機能だったり、改ページやセクション区切り、脚注、アウトライン機能を使ったと覚えています。

先日では佐久間支援員が担当したビジネス文章の講座でもWordの機能を使いながら社内文章と社外文章について学ぶ機会もありましたね。

 

U様:「JESDで交流会を開催する際に利用者さんが作るようなチラシ作りにも今回学んだスキルを活かして挑戦してみたいです。ビジネス文章やメールも今回学んだ知識が役立つと思います。」

 

発揮する方法は仕事内容やその時々で様々となりますが、今までとは違い色々な機能を学んだことで形に表す方法や選択肢が増えましたね。

 

MOS 事務職 Word

 

MOS検定に向けての学習期間

 

MOS検定Excelを取得され、間髪入れずにWordの学習を開始されたお二人ですが、二人ともわずか2週間程の学習期間で資格取得に結びつきました。難易度はどうだったのでしょうか?

 

U様:「問題では画像の位置を設定することが難しかったというか分かりづらかったです。問題によっては最終的な答えが同じであって解き方によって正解だったり不正解だったり・・・どうやったらうまく解けるかを考えていました。」

 

A様:「難しかったところは問題の読み解き方というか・・・1番のネックだったのは問題文を読んだときに何をやらせたいのかは分かるんですが、どの段落までを設定すれば良いのか等問題を解く範囲が掴みづらかったです。日本語力の問題かもしれませんが。」

 

MOS検定Excelの時もそうだったのかもしれないですが、出題される問題文を読み解くことに時間がかかる場合が散見されますね。

日本語力というよりも問題文が分かりづらくできているのかもしれませんね。

 

A様:「同じMOS検定だけあってExcelと似通っていたところが多かったとも思います。大げさに言ってしまうかもしれないですが、6割から7割くらいはExcelと内容がかぶっていました。残りの部分を新しく学習していけば大丈夫だったので資格取得までも早かったんだと思います。」

 

U様:「私はAさんが隣の席で先に取得をされたので困った部分をすぐに聞けたことが大きかったです。Excelと違ってここではこの関数を使うといったことやこのグラフをこうしてといったことがなかったのでやりやすかったです。」

 

A様:「確かに関数とかの機能がないので覚えることが少なかったです。フォントを変えるとかデザインやレイアウトはExcelでもやっていた機能を同じように使ってきただけでしたし。」

 

U様:「Wordはポスターを作る感覚で装飾機能等を楽しみながら学習ができたことも大きかったです。私の場合はExcelよりもWordの方が操作も慣れていました。だからあっという間に合格できたんだと思いました。」

 

本当にあっという間の合格だったため私の中では学生時代の試験と同じように、試験を解くためだけの暗記をしたことじゃないかが心配でした。一夜漬けのような感じではなかったのかなっと。

必要なことは資格取得ではなくこれから仕事をしたときに覚えた機能をどのように活かしていくかということですしね。

 

そのためこのインタビューの前には模擬試験を改めてやってもらうことをしましたね(笑)

 

U様:「久しぶりに模擬試験を解いてみてと言われて焦りました。でも解いてみたら2問ミスで、間違ったのもイージーミスだったのですぐになんで間違えたかが分かりました。ちゃんと振り返りもしたのでバッチリです。」

 

A様「僕は1問間違えでした。最初に操作方法を間違えてしまってリセットボタンを押しましたが、それで解いたはずの回答が消えてしまって・・・確認ミスで間違えとなりました。本試験と同じように満点のはずだったのに・・・残念です。」

 

お二人とも記憶としてしっかりと定着が出来ていますね。

これまでインプットしてきたことをどのようにアウトプットしていくかが求められることになってきます。

今度は実戦形式で資料作成を考えていかなければいけませんね。

 

障害 精神 就職

 

次の目標に向けて

 

お二人とも次に向けて動き出しているところとなりますね。

セルフケアやメンタルケアについて日々実践を行うことでバランスも同時に整えている状況ともなっていますが、学習面での目標はいかがでしょうか。

 

A様:「僕はMOS検定PowerPointの学習を始めています。ExcelをやってWordをやった後なので操作方法だったり機能が似ている部分がもっと多くなりました。なのでポイントを絞って学習をしていくことにしています。プレゼンの資料も自分で作ることが出来るようになれば怖いものなしです。」

 

U様:「私はITパスポートの学習を始めています。支援員さんに事務系職種を目指したいことを伝えたら、ITパスポートは資格を取る取らないに関わらず何かトラブルが起きた時でも対応できる知識をつけることができ大切な知識だと話を受けました。自分でしかウについて調べた中で、これからはパソコンを使うことも多いので学びたい、やってみたいと思い取り組んでいます。」

 

次の目標を設定し目的を持って取り組まれているためモチベーションを高く保ちながら学習を進めることができていますね。

ご希望とされる事務職で活躍ができるようにスキル面の訓練だけでなく、セルフケアやメンタルケアについても考えていきましょう!

 

JESDでは全力でサポートさせていただきます!

 

 

 

ご興味がある方はどうぞ、お気軽にお問い合わせください。

 

 

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所 横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル4F
TEL 045-313-2220
MAIL  yokohama@jesd.jp

(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝は休み)

f:id:jesd_yokohama:20170925175528j:plain